テディベア通信講座
受講生募集中!!

(詳細は右写真をクリック!)

Muse Teddy Net・トピックス
Muse Teddy Net
TOPページへ
戻る
お知らせ お客様への
ご案内
ミューズ
通信講座
テディベア
ショップ
マテリアル
ショップ
テディベア
の作り方
サイトマップ

可愛く作るワンポイント

可愛く作るワンポイント

テディベアってどうやったら上手に作れるの?
どうやったら可愛らしい表情に仕上がるのかな?
こちらのコーナーでは、そんな制作ポイントをご紹介させていただいています。

ぜひ挑戦してみてね!

可愛く作るポイント 1

頭は綿を丸く詰めよう!!
綿詰めは可愛らしい表情を作るためにとっても大切な基盤となります。丸いフォルムになることを頭に入れ、下の要領で綿を詰めてみましょう!!

@鼻先、A頭の上、B鼻先と頭の上の間、C頬、D後頭部、E首の開け口といった順番で綿を詰めます。

*
フォルムをしっかりと出すためには、綿を詰める専用の道具(スタッフィング・スティック)を用いると手の平全体で綿を奥まで押し込む事が出来、綿をしっかりと詰める事が出来るよ!!
綿はひも状にして詰めると、隙間が出来にくく、効率よく詰めることが出来るよ!!
*

1 鼻先(イラスト@)にしっかりと綿を詰めます。

※特に刺繍する鼻先部分は隙間があると刺繍するときに鼻が潰れてしまいますので、特に鼻先は外から撫でて表面が陥没していないかチェックしながら詰めてください。

可愛く作るワンポイント
可愛く作るワンポイント

2 頭の上に綿を詰めます

頭の上、1/3位奥(イラストA 上部)に綿を詰めます。
この時(イラストC)の矢印方向に、スティックを内側から外側に向かって(中心から放射状に外に向かって)押し出す様に綿を詰めてください。

イラストCの矢印の方向に向かって綿を押し出す事により、正面から見て横に幅が出るので、ほっぺたに綿を詰めやすくなります。


*
頭の上部に左右に幅が出る様に、しっかり綿を入れておかないと、ほっぺたに綿を入れようと思ってもあまり入らず、正面から見て細長い顔に仕上がってしまうよ!!
また、愛嬌のあるコロンとした丸いフォルムに仕上げるには、この部分の綿詰めはとっても重要だよ!!

*

3.鼻先が折れない様に、鼻先と1/3に詰めた綿の間
(イラストB)に、綿を入れます。

ここに綿を入れることも、とても重要です!!
せっかく鼻先に綿をしっかりと詰めても、この部分に綿が入っていないと、後で鼻が折れたり、鼻先がぺちゃんこに潰れてしまいます。
また頭の上1/3(イラストA)を詰めている間に鼻先(イラスト@)に詰めた綿が少し内側に戻っていますので、鼻先の綿(イラスト@)を押し戻しながら(イラストB)に綿を入れましょう。

可愛く作るワンポイント
可愛く作るワンポイント

4.頬や後頭部など全体に均一に綿を入れ、開け口まで綿を詰めます。

開け口まで様々な角度から見て、丸いフォルムになる様に、綿を詰めてください。
丸いフォルムにするには、スティックを内側から外側に向かって放射状に押し出しながら(イラストC)綿を詰めると丸いフォルムに仕上がります。

PAGETOP

可愛く作るポイント 2

耳、目、鼻、口はTゾーンに!!

きれいでバランスの良い表情を作るには、耳、目、鼻、口のラインをTゾーンに収めるとバランスの良い整った表情に仕上がります。

可愛く作るワンポイント

左右の耳の付け根部分を結ぶライン(A)、左右の目を結ぶライン(B)、鼻を形作る上のライン(C)、左右の口元を結ぶライン(D)、鼻の下のライン(E)が、全てTゾーンに収まる様にそれぞれのラインが平行もしくは垂直になる様に制作すると表情はとってもきれいにまとまります。

耳を付ける時や、糸で目を付けるタイプのガラスアイやプラスチックアイを付ける時、また、鼻と口の刺繍をするときにこのTゾーンを意識しながら制作してくださいね。
何度もチェックを加え、やり直しながら作ると表情に違いが出てきますので、根気よくチェックしながら丁寧に楽しみながら制作してください。

*
ちょっとユーモラスな個性的な表情を作りたい時には、逆にこのラインから大きく外れる程、
ユニークで個性的なベアに仕上がるよ!!
時々、耳の位置を左右わざと高さを変えたり、口元の高さを左右で変えたりするとユニークかつ、
口元はニヒルに笑ったベアなどに仕上がって面白いよ!!
*
PAGETOP

可愛く作るポイント 3

鼻の刺繍は隙間なく、左右対象に!!

仕上がった鼻の刺繍に隙間があったり、形が歪だとなかなか整った顔に仕上がりません。
多少隙間があったり、曲がった鼻もユーモラスで愛嬌がありますが、きれいで整った表情に仕上げたいときには、以下の方法をおすすめします。
特に初めて作られる方や、初心者の方は以下の刺繍方法はとてもバランスよくきれいに刺繍しやすい方法ですので、ぜひとも試してくださいね。

1.鼻の刺繍には約6.5cmのぬいぐるみ針を用い、アウトラインの三角形を刺繍します(イラストA参照)。

可愛く作るワンポイント
可愛く作るワンポイント

2.三角形の中を埋めるように、縦に中心から一針一針、左右交互に刺しゅうしていきます(B→C→D→E)。下の中心の部分は上から重ねるようにします。

基本的に左右対称に刺繍するためのバランスを保つために左右交互に刺繍しますが、最後は隙間部分や、形を整えるために刺繍を足して形をさらに整えてください。

口の刺繍は、鼻の刺繍の糸を切らずに、続けて刺繍します。

刺繍する位置を見つけるために、マチ針を鼻の下に1ヵ所と口が三角になるように3ヵ所マチ針を刺し、糸を渡してチェックします(写真3)。この方法で、これから刺繍する口の大きさや位置が確認できます。
好みの位置や口の大きさが見つかるまでマチ針の位置を移動し、マチ針に糸を渡しチェックし、その位置に刺繍してください。

この時にも、左右の口の位置がTゾーンに収まっているかチェックしましようね!!

PAGETOP

可愛く作るポイント 4

目を窪まそう!!

なんといっても目は物を言うといいますね。顔の制作でも、とても表情に影響するのが目です。
目を付けた後に、表情が何かのっぺりと仕上がってしまい、物足りない表情の時や、ガラスアイや糸で付けるタイプのプラスチック・アイを付けるときに、糸の引きが弱かった時などは以下の方法で目を窪ます技術を取り入れてみてください。
表情がぐっと豊になり、うるうるとした瞳が可愛らしいテディベアに仕上がります!!

別糸で長目のぬいぐるみ針に糸を通し、首の付け根部分から針を入れ、目頭に出します。

可愛く作るワンポイント
可愛く作るワンポイント

約2mmほど糸を渡し、反対側の目頭に針を出します。
反対側に針を出します。
これを2〜3往復しながら、目と目の距離を糸を引きながら狭めます。

こうすることにより、目がくぼみ、顔に凹凸が出来、メリハリのある豊かな表情になります。

PAGETOP

可愛く作るポイント 5

口の周り、目の周りの毛足をカットしよう!!

モヘアやアクリルには毛の流れがあり、特にウエーブの強いものなどは、目や口の刺繍を毛足が覆ってしまっていることがあります。
毛足を少しカットするだけで、とてもすっきりとした表情に仕上がりますので、ぜひトライしてくださいね。

1.口の周りの毛足について

モヘアやアクリルの毛の流れによっては、鼻先の丸いフォルムが、角張って見えたり、毛が逆に流れていてボサボサっとした印象になっていることがあります。
毛足の表面をフォルムに沿って、少しずつカットします(写真7未)。
この時に、毛足の根元からばっさりと切ってしまうと切りすぎてしまったり、かえってハサミによるエッジが出てしまうことがありますので、気を付けましょう。

毛の表面から少しずつ、フォルムに沿わせてカットすれば、毛の流れによって出っ張ってるで箇所のみカットすることが出来ます。

この様な方法で、ほんの少しの毛足をカットするだけで、フォルムが丸く整い、とてもすっきりとした表情に仕上がります。
鼻先の表面を指で撫でてみて、表面が凸凹していたり、陥没している箇所などがない場合には、毛足を根元までカットし、大人っぽい表情に仕上げてみましょう!!

可愛く作るワンポイント
*
初心者の人は、綿が多少凸凹していてフォルムが陥没している事が多いので、毛足を残して、フワフワと仕上げたほうがきれいな場合が多いよ!!
隙間なく綿がしっかりと詰められるようになって、表面を指で撫でてみて、もどこにも綿が陥没している箇所がなくなったら、毛足を根元までカットし、大人っぽい雰囲気のテディベア作りに、挑戦してみようね!!
*

可愛く作るワンポイント

2.目のまわりの毛足を整える

長いモヘアやアクリルを使用して作ると、目がかくれてしまうことがあります。
この様な時は、目頭部分の毛足のみを少しだけカットするか(写真9)、目打ちなどで目の下に毛足を入れてしまう方法があります(イラスト7)。

目頭部分の毛足をカットするときは、根元までカットするのではなく、やや目に掛かるくらいの毛足を残してカットすると、微妙なニュアンスの表情も楽しめます。
はっきりと目を見せたい場合には、目打ちで入れる方法が良く、毛を薄くカットして(シャギーにして)、覆っている毛を削ぐ方法の2種類で好みの目の表情をお楽しみください。

以上、可愛らしく仕上げるポイントをご紹介させていただきました。
1つづつでもテディベアを作るときに取り入れみてくださいね。

完成

これで完成です!

テクニックをさらに詳しくご紹介した『可愛らしく作る制作ポイントビデオ・DVD』も販売中!!
詳しくはそちらをご覧ください!!

可愛く作るワンポイント
上記内容は、『可愛らしく仕上げるコツ編』ビデオ・DVDもあります。詳しくはこちら。
PAGETOP
お知らせ
お客様へのご案内
テディベアショップ
マテリアルショップ
ミューズスクール
テディベアの作り方
サイトマップ
会社概要
お客様サポート窓口
お問い合わせ
ご注文の際の注意事項
FAQ
リンク集
会社概要 お客様
サポート窓口
お問い合わせ ご注文の際の
注意事項
FAQ リンク集

All Original Teddy Bear Pattern & Produced by MASAMI TANAKA
このホームページ上の画像やテキストの無断使用及び転載はお断り致します。

Muse Internatinal
Copyright (c)1998 MUSE INTERNATIONAL All rights reserved

株式会社ミューズインターナショナル

〒107-0062
東京都港区南青山1−26−16−5F
bear@muse-inter.co.jp