テディベア通信講座
受講生募集中!!

(詳細は右写真をクリック!)

Muse Teddy Net・トピックス
Muse Teddy Net
TOPページへ
戻る
お知らせ お客様への
ご案内
ミューズ
通信講座
テディベア
ショップ
マテリアル
ショップ
テディベア
の作り方
サイトマップ
トップテディベアショップ体重ベア細かな制作プロセスが知りたい!! その4

細かな制作プロセスが知りたい!! その4

8.ガラスアイを付ける。

 ミューズの体重ベアは、ガラスアイを使用しています(お子様向けでご要望がある場合には、プラスチック・アイを使用)。

ガラスアイ

 ガラスアイは職人さんが1つ1つをガラスを溶かし、固まらす手法で製造しているため、中心の瞳(黒部分)の大きさや、外側の輪郭(べっこう飴色部分)の大きさが1つ1つ異なり、ぬくもりを感じられる材質です。目の厚みや大きさも同じサイズでも多少異なるため、左右対称になるよう、沢山の目の中からベストな組み合わせでセレクトします。

 ガラス特有の透明感があり、モヘアに乗せたときに、毛の流れが透けてとても素敵な表情に仕上がります。

ガラスアイを付ける

 また、ガラスアイの裏側は針金がループ状になっており、糸をしっかりと引きながら付けることによって、目が窪み、より表情が豊かに制作出来るのも大きな特徴の1つです。

 ガラスアイは、プラスチックアイに比べ値段が高く(約10倍)、針金部分の根本部分がきゃしゃなため、糸を強く引きすぎると針金がもげてしまったり、強くぶつけてしまったりすると割れてしまったりとリスクは高いですが、仕上がりの表情の美しさ、可愛らしさには、代え難い材質のひとつとなっています。

 ミューズの体重ベアのそのほとんどは、ガラスアイでの受注が多く、皆様に指示される理由となっています。

 @アイテスター(画びょうのような形状で黒いガラスアイに長目の針がついているもの)で、サンプルベアの目の位置を見つけます。

ガラスアイを付ける

 Aそのアイテスターが刺さっている位置に目打ちで大きめの穴を開けます。

 Bガラスアイの針金部分に糸を通し、その糸を長目の縫いぐるみ針(約13pの針)に通し、針金部分をラジオペンチで平につぶし、その位置に針を刺し、目を頭に縫い付けます。

ガラスアイを付ける

 ミューズの体重ベアは、ミューズ・インターナショナルの独特の手法により、しっかりとガラスアイを付けながら、窪ませる方法で頭にしっかりと付けていきます。

 ミューズの体重ベアは、左右の目を結ぶラインが、左右の耳の上部を結ぶラインと平行になるように、作られています。

ガラスアイを付ける

テディベアショップ

体重ベア
 
 ⇒体重ベアについて
  ・体重ベアの特徴
  ・体重ベアって何で出来ているの?
  ・体重ベアには何が入っているの?
  ・体重ベアはどういう道具で作るの?
  ・体重ベアの作り方(その1)
  ・体重ベアの作り方(その2)
  ・体重ベアの作り方(その3)
  ・体重ベアの作り方(その4)
  ・体重ベアの作り方(その5)
  ・体重ベアの作り方(その6)
  ・体重ベアの作り方(その7)
 
 ⇒手作り体重ベア
 ⇒ラッピング
 ⇒ご注文フォーム
 ⇒ご質問フォーム

ウェディングベア

メモリアルベア

お知らせ
お客様へのご案内
マテリアルショップ
ミューズスクール
テディベアの作り方
サイトマップ
会社概要
お客様サポート窓口
お問い合わせ
ご注文の際の注意事項
FAQ
リンク集
会社概要 お客様
サポート窓口
お問い合わせ ご注文の際の
注意事項
FAQ リンク集

All Original Teddy Bear Pattern & Produced by MASAMI TANAKA
このホームページ上の画像やテキストの無断使用及び転載はお断り致します。

Muse Internatinal
Copyright (c)1998 MUSE INTERNATIONAL All rights reserved

株式会社ミューズインターナショナル

〒107-0062
東京都港区南青山1−26−16−5F
bear@muse-inter.co.jp